野の草いのちの台所

料理を通して心と体をつなぐ

~気付きや学びは、繰り返される日々の小さな営みの中に~

私たちは、日々、意識せずとも様々なことを頭で考えています。育児のこと、夫婦のこと、恋人のこと、親のこと、仕事のこと、学校のこと、人間関係、持病のこと、などなどキリがなく。。。
生きている以上、常に、たくさんの思いが少なからず心の奥底にあると思います。


でも、どんな心でいるときも、外に出て足元を見ると、小さな花が咲いていたり、空を見上げると青空が一面に広がっていたり、夜空にはたくさんの星が輝いていたりして、彼らが私たちの心を包んでくれているかのように感じることがあります。雨の日はずっと続かず、晴れ間が差し、虹が見える時もあります。それが自然界の営み。口に出さずとも、すべてが繋がって助け合って生きているかのように思えます。人間もこの自然の流れの中で確実に生きているように感じます。

毎日の食事も然り。
自然の流れと共に育った四季折々の野菜を使った旬のごはんは、私たちの心や体にとても大切な氣(エネルギー)を与えてくれます。それが心や体の養生にも繋がって行くように思います。
毎日、どんなごはんを食べていますか?


IMG_6709.jpg IMG_3656.jpg IMG_4360.jpg

ごはんを頂くということは、毎日のこと。
暮らしの中で、とても大切な行為のひとつです。

IMG_8989.jpg IMG_1963.jpg IMG_4365.jpg  

何を頂くか、そしてどういった気持ちで頂くか、その「食べ方」が大きく「生き方」に関わってくるような気がします。日々の忙しさに追われて、身近にある一番大切なことを見落としてしまわないようにするためにも、まず、毎日頂く「食事」に目を向けてみませんか?
そして、時代がどうあろうと変わる事のない日本人の体に合うごはんを食卓に並べてみませんか?
季節の手仕事のひとつである「お漬物」も、私たちにたくさんの心の豊かさを教えてくれます。

IMG_20180622_172204.jpg IMG_6909.jpg IMG_7004.jpg IMG_5947.jpg IMG_3949.jpg


「野の草いのちの台所」は、レシピや技術、料理の法則といった窮屈な枠に入ったものではなく、もっと深い心の部分、気付きや発見、楽しさや心地良さを大切に思う教室でありたいと思います。料理を通して、ご自身の心や体と向き合う機会になればと思います。


例えば、特別な道具がないと作れないというのではなく、昔ながらの道具を使い、「手」をたくさん動かし、「美味しい」を作り出せるようご提案出来ればと思います。美味しいという心の感覚は、便利な器具を使って効率良く作る美味しさとは全く別の感覚です。

また、教室では、「このくらいで」という感覚を大切にします。食材によって水分量、甘さなど、すべて同じだということは決してありません。大さじ何杯といった数字で表せるものではありません。その時に出会った食材で変わってくるのです。人それぞれで味の好みや体質も異なります。使っている調味料にしても違うわけです。感覚で調理することによって、きっとご自身の美味しい目安である「目分量」が身についてきます。毎日の家庭のごはんは、台所のストックを見て、さっと自分の感覚で美味しく作れるようになりたいものです。

「自分の目で確かめ、手を動かし、舌で味わう」。
五感の部分を大切にしていきたいと思います。


 IMG_0206.jpg IMG_4029.jpg IMG_4271.JPG

家庭の台所は、「いのち」を育む場所。
「食べることは生きること」。
「料理」という毎日のことから、心のうちを見つめてみませんか?
気付きや学びは、外へと求めるのではなく、繰り返される日々の小さな営みの中にあると思います。

教室を通して、すべての人の足元に必ず「小さな幸せ」があることを実感して頂ければ本望です。そしてその思いが食卓を一緒に囲むご家族に自然に伝わって行けばいいな、と心から願います。

教室が、皆さんの「心の扉」を開くきっかけになればとても嬉しく思います。 

IMG_20180619_162206.jpg IMG_4347.JPG IMG_8250.JPG



教室の内容や様子は、写真をご参照下さい。
(Photoをクリックした後、しばらくお待ちいただくと、サムネイル一覧で見ることが出来ます)

◎「ごはん」については、自然な道具(土鍋や鉄鍋)を使い、重ね煮、蒸し煮という方法で調理します。
お米は、炊飯器、圧力鍋は使わず、土鍋でふっくらと炊きます。
マクロビオティック(陰陽調和)に基づいた食養生の内容です。
調味料はすべて無添加で昔ながらの方法を使って作られたものです。お砂糖は一切使いません。

◎「おやつ」については、卵や乳製品を使わずに体に出来るだけ負担をかけない優しい味に仕上がるようにします。
材料の特性を考慮した調理法で行います。旬の野菜や果物を使うものもあります。
小麦、乳製品アレルギーの方にも対応出来る内容です。お米、米粉を使ったおやつも多数あります。

お手当て(家庭で出来る自然療法)の講座も行っています。
自分の体はまずは自分で守る。病院に行く前にご自身で出来ることをお伝えします。
自然の恵みを使ったもので行います。


人数 : 基本5名くらい

場所 : 「野の草いのちの台所」 築80年程の古民家、土間の台所
時間 : 基本10時~14時くらいまで
受講料 : 基本3500円(内容によって多少異なる)



お友達やお仲間と是非一緒にお越し下さい。
親子での参加、男性の参加もお待ちしています。
人数が満たない場合は、こちらから参加を呼びかけますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

保育園、幼稚園、児童館、その他サークル、教育機関、医療機関への出張も可能です。
体に優しいごはんやおやつの基本をお話と合わせてお伝えしています。

ご要望、ご質問は、
お問い合わせにてご連絡下さい。
または、nonokusagohan@gmail.comまでお願いします。

その他、我が家の暮らしも載せています。
日々のつれづれは、Facebook投稿をご覧下さい。

すべて、ゆっくりまったり更新して行く予定です♪。


皆さんにお会いできること、とても楽しみにしています!